日常の幸せ 2

日常の幸せ 2

本を読むことは…

幸せ買取センターです。本日のお買取は、男性_30代後半の方からです。

本を読むことは、私の好きなことのひとつです。人が自分の考えを表現し、社会に深い印象を与えるための素晴らしい方法です。私はこれまで、自分の人生にインスピレーションを与えてくれた多くの本を読んできました。ですから、読みたい本の内容と読者としての視点を慎重に選ぶことが重要です。読者として自分の考えを用いれば、誤解を避けることができ、その本の本当の意味を見つけることができます。そう、今日もいい本に出会えた。

心をリフレッシュ

自己肯定感が下がった時の私の対策。美容に力を入れると気分が変わる。髪を整える、肌の手入れをする、眉毛を整える、好きな服を着る。爪の手入れをする。湯船に浸かる。見た目が良くなればなるほど、自己肯定感が高まります。自分を大切にしましょう。美しさは心をリフレッシュしてくれます。そんな事を考えて今日も自分にご褒美をかうと幸せです。

幸せになるための鍵

本当に好きな人から褒められた。自分を幸せにするには、自分に正直であること。他人からの評価を気にしない。まずは自分のことを考えよう。汚名を恐れないことが、幸せになるための鍵になります。自分らしくあることで友達を失うことを恐れてはいけません。良い人生を送り、周りの人たちをありのままに、内面の本当の姿を受け入れましょう。自分を愛するように相手を気遣い、愛せば、他の人も同じように接してくれるってわかった日。

困難を克服すること

辛いと感じれば、間違いなく努力していると思います。苦しいと感じるほど。辛いと意識しているときは、脳がフル稼働している。今、結果が出ていなくても、焦らずに前を向いていきましょう。定点観測もありますが、私も変わることができました。努力は必ず報われます。障害を乗り越えれば乗り越えるほど、人は強くなります。困難を克服することで、学び、成長します。わたしはいつも支えられている。

今の自分を知るために必要なこと

不安になることは悪いことではありません。ただ、不安を「悪いこと」と判断して、「早く何とかしなければ」と自分を悩ませているだけ。不安は、今の自分を知るために必要なことなので、とりあえず行動してみよう!不安を感じることは自分の一部であることを受け入れて、不安を感じる状況を減らすほど集中する事が大事だって親友が教えてくれた。

「まあ、いいか」と考えて

自分にプレッシャーをかけるのはやめた!他人の不完全さを受け入れることを学び、変えられないものを受け入れよう。私のように、仕事にストレスを感じて、思うようにできない人もいます。高すぎる目標を下げれば万事OK!というのが一番!計画通りに進まないときには「まあ、いいか」と考えて、形から入るのをやめたら凄く自由になれた。

タイムサービス、お一人何点でも…

スーパーマーケットの通路を歩きながら、夕食に何を作ろうかと考えています。おいしそうなレシピをネットで検索し、お買い得な野菜を見つけて身を乗り出した。店員さんが動いた瞬間、スーパーの中でお客さんが慌ただしく動き回っている。ふと見ると、陳列された野菜の上に赤い文字が太字で書かれています。隣の女性を見上げると、彼女は困惑した表情でこう言ったのです。レタス50円、タイムサービス、お一人何点でも。

母に時間のプレゼント

働いているお母さんは、子育てが大変ですよね。家事を手伝うことで、母に時間のプレゼントをしましょう。料理や掃除、家での子供の世話に疲れたとき、ちょっとした休憩や、ソファに座ってリラックスできるのはとてもいいことだと思います。花やランチを外で食べるよりも、「一人でショッピングモールに行ける快感」の時間のプレゼント。なにも特別なものなんていりません。半日でもフリータイムがあると株爆上がり。

幸せでいられる

育児においては、自分より大変な母親がいるのではないかと考えたり、自分を卑下したりするようになるかもしれません。しかし、自分よりも大変な母親を探せば、必ず見つかるはずです。探すべきは、自分より大変な人ではなく、より快適に、より思いやりを持って子供を育てる方法です。それがあれば、怠け者と言われようが、甘ったれと言われようが、大切なのは子どもと一緒に笑っていられること、そして幸せでいられることです。

「主婦業」

仕事で忙しい日々を過ごした後、多くの女性に求められるのが「主婦業」です。時間だけでなく、技術や経験も必要とされる大変な仕事です。しかし、主婦業を毎日こなすことができる人にとっては、ある種の美しさがあることを理解しています。例えば、子供が学校であった楽しい話しをしてくれたり、帰り道で見た花がいい香りであることを教えてくれたり。家族が好きな夕食の時の話題を知っていたり。毎日家事をしていると不便なこともあります。親、子、友達…みんなが生きているのは、お互いのおかげです。

報告する

関連 Stories 一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
Translate »
error: Content is protected !!